ビキニラインの自己処理法について

長い間ビキニラインを気にしたことがなかったのですが、3年ほど前からビキニラインの自己処理を行うようになりました。
気になり始めたきっかけのふたつあります。
ひとつは、夏場陰部が蒸れてしまうことでした。元々立ち仕事で忙しく気に掛けることもなかったのですが、ふとしたときに気持ち悪いなと違和感を覚えたことがきっかけでした。
ふたつめは、生理中やおりものがひどいときに陰部の汚れが絡まりなかなか取れず、そのまま仕事を続けていて陰部が気持ち悪いなと不快に思いながらも過ごしたこともきっかけでした。
ふたつのきっかけから私は月に一度、ビキニラインの自己処理を行うようになりました。
ビキニラインの自己処理は電動かみそりでアンダーヘアを少し残る程度に整えて、動くときにあたる部分をそっていきます。
パソコンのインターネットで調べて始めたのですが、意外に難しく上手くできるまで時間がかかりました。
アンダーヘアを整えるときに短くしすぎて、下着に当たり、ちくちくするといった失敗もたくさんしました。
今では自分の納得する自己処理が出来るようになって作業時間もかからなくなりました。
ビキニラインの自己処理を始めて陰部の蒸れや陰部が汚れたときも汚れが取れやすくなり、清潔を保つことが出来るようになりました。
周りにはしている人は少ないけれど、してみると快適に過ごすことが出来ますよ。